無限のサルの挑戦

最近、Raspberry pi 3 を入手したので、いろいろといじってみる。 設定に苦労したり、なんやかんやと調べたので、忘備録。 (きっと世間の皆様の土台の上に成り立っているけど、まとめておきたいのです。) それが誰かの役に立てたらうれしいので公開。 決して、自分がすごいのではないのです。 しょせん、猿ですから。

install

Raspberrry pi 3 とのファイル共有(Sambaインストール、設定)4

◆sambaのインストール
 母艦であるwindows10から、RASPI3が見れるようにしたいので、
 手っ取り早くSambaを導入して頼ることにした。

 本来はファイル系サーバ機能だけど、
 IP(192.168.11.101)→Node名(RASPI3_SUB)での表示が可能になるし、
 Shareディレクトリ設定の仕方で、全ファイルが母艦側から参照できるので、手っ取り早い。

   sudo apt-get update                #リポジトリアップデート(おまじない)
   sudo apt-get install samba     #sambaインストール 

 samba前半
  「-y」を打ち込んで、続き
 samba後半

 インストール完了
 
 Sambaの設定ファイルを呼び出し、設定を変更します。

 sudo nano /etc/samba/smb.conf    #エディタ「nano」で、「smb.conf」を開く
 
 で、ファイルの最後に、以下を追記する。

    [pi]
    path = /home/pi
    read only = No
    guest ok = Yes
    force user = pi

    書き込んだのが以下
 conf 設定追記
    
    追記が済んだら、「Ctrl+O」(Save) > 「Enter」(Saveファイル名確認) > 「Ctrl+X」(ファイル閉じる)
    として、設定完了です。

 次はSambaサーバーの再起動

 sudo service smbd restart

    で、コマンドが通ったら、状態確認

    sudo service smbd status

    ついでにSambaのバージョン確認

    samba -V

 画面は以下です。
 sambaサービス起動とステータス

    で、母艦側から覗いたRASPI3の中身です。
 raspiの中身1

 raspi3のnakami2

 ちゃんと見えました♪

 お疲れさまでした。




 ちなみに、いろいろと調べていたら、Ubuntu10.04から
 /etc/init.d 以下ではなく、Upstartが/etc/init/smb.confを読みに行くように変更されているらしく、
 コマンドも上記のものに変わっているそうです。

 従来通りの以下のコマンドだと、「samba: unrecognized service」と帰ってきました。
 動いてる割に、返事がおかしいので、かなり悩みました。

    sudo service samba restart # 動かないコマンド

  う~ん。でもraspbianだと initctlコマンドが通らないし、そもそも/etc/samba/smb.confいじってるし、
  どうなっているんでしょう。
  どなたかわかってらっしゃったら、教えてください。 

Raspberry pi 3 初期設定⑥(日本語入力環境Mozc)3

◆日本語入力環境を整える
 初期設定のRaspberrypi3では日本語入力ができないので、
 日本語入力環境をインストールします。

 いろいろとネットで調べてみたのですが、
 「Fcitx-mozc」の評判がそこそこよかったので、
 インストールしてみます。
 (結局使ってみないと、何がよいのかわからないし、適当です。)
 
 では、LXターミナルを起動して、以下のコマンドを打ち込みます。
 1行目は、パッケージリストのリポジトリのアップデートをおまじないのごとくかけています。
 2行目でインストールコマンドでパッケージの指定、
 最後の「-y」はインストールの途中で容量確認のyes/noを聞かれるのに対して、
 あらかじめ答えておくオプションです。

sudo apt-get update    #リポジトリ更新は必ず実施
sudo apt-get install fcitx-mozc -y       

 インストール後
 mozcインストール後

 次にインストールしたFcitxの設定を行います。
 Fcitxは日本語入力メソッドといわれるもので、Windows系のIMEとかAtokに当たるものだそうです。
 
 では、左上のRaspberryアイコン(メニュー) > 「設定」 > 「Fcitxの設定(ペンギン)」
 Fcitxの設定

 設定画面起動(まずは入力メソッドタブ)
 入力メソッドの設定

 上記ダイアログの、左下の「+(追加)」をクリックし、
 【キーボード-日本語-日本語(OADG 109A)】を選択して追加します。
 
 (Mac系の方はわかりませんが、Windows系ならたいていこのキーボードのはず。)
  →キーボードの種類(http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=5262)
 
 追加できたら、直接入力時に日本語キーボードのキー配列が
 優先的に適用されるように優先順位を1番にします。

 左下、左から3番目の「↑(優先度上げ)」をクリックして、一番上に。
 入力メソッドの設定2
 
 次に日本語入力時に優先されるように「Mozc」を2番目へ、
 筆者の場合はどうせ使わないので、英語キーボードは削除します。
 入力メソッドの設定3_1
 
 
 次に、全体の設定タブです。
 どんな時に日本語入力メソッドを起動させるかの条件指定です。
 Windows系でいうと、エディタやWORDで、
 「全角/半角キー」「カタカナ/ひらがなキー」「変換キー」を打つと、
 日本語入力モード(IME)が呼び出されますよね。あれです。

 初期設定だと、「Ctrl+Space」「全角/半角」になってたりします。
 筆者は「カタカナ/ひらがな」「全角/半角」へ変更
 入力メソッドの設定3_2
 
 あとはお好みで設定をしていただければ。
 とりあえず、必要最低限の設定は完了です。
 
 お疲れさまでした。 
ギャラリー
  • Raspberrry pi 3 のインターフェイス設定とリモート接続
  • Raspberrry pi 3 のインターフェイス設定とリモート接続
  • Raspberrry pi 3 のインターフェイス設定とリモート接続
  • Raspberrry pi 3 のインターフェイス設定とリモート接続
  • Raspberrry pi 3 のインターフェイス設定とリモート接続
  • Raspberrry pi 3 のインターフェイス設定とリモート接続
  • Raspberrry pi 3 のインターフェイス設定とリモート接続
  • Raspberrry pi 3 のインターフェイス設定とリモート接続
  • Raspberrry pi 3 とのファイル共有(WinSCPインストール、設定)
アーカイブ
楽天市場
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
  • ライブドアブログ